2018年12月14日

『見なかったことにしよう』販売

私家版詩集『見なかったことにしよう』500円が、架空ストアで買えるようになりました。コチラ

 作品
ラストグローブ
パンタグラフ中心の生活
楔生活

スーツ

携帯電話
カルデラリンク
呼び声捏造
宇宙十分の一
再生
綺麗な
近似
メイユ・インユ
刺身
信じるもの
Evergreen
セブンデイズバッファロー
深い光
朝の係
レタス アンド 豆苗


これまで個人誌に収録していなかった作品も含まれています。よろしくお願いいたします。
posted by rakuha at 13:26| Comment(0) | ★雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

左から三

posted by rakuha at 21:19| Comment(0) | ★脳裏の表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

★信じる

水が流れる音
どれだろう
くるりらら
とろとろり
ほすほすほ
ずでだでん
わからない

耳を澄ましても
聞き取れない
あれは
空気がゆがむ音
あれは
牛が首をひねる音
様々な音がわかるのに
水の音は全く分からない

たくたくて
傷ついたときの音
のまらまら
泣き止んだ時の音
びずぼぜぞ
ぬか漬けに手を突っ込んだ時間の音
わかるのに
こんなにもわかるのに

きっとどこにも
水なんて流れていないんだ
耳を 感覚を 記憶を
信じる
心を閉じる

さらさらさ
あっ
つ ん ん

posted by rakuha at 19:47| Comment(0) | ★脳裏の表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

イキル

posted by rakuha at 21:37| Comment(0) | ★脳裏の表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

深海の使者


舞いおりて飾りをなくす
拾われて意味をなくす
足掻いても理由をなくし
裁かれて存在なくす

水面から距離を置いて
古代からの系統の果てに
名もなき深海の部屋で
「さーがーすーなー」
つぶやき続けている
「さーがーすーなーあ」
時折向きを変えて
それは そこで そうして
永遠を食いつぶしている

ひっくり返してみると
案外快適な溶岩が
くるりと流れていて
本当は素敵

水中の水泡の数奇
巡りて停滞する
翼を広げた時に
更新が再開された
それでもつぶやき続ける
「あーあーあーあー」
光を洗い流しながら
「あーあーあーあー」
海底に縛り付けられていく
posted by rakuha at 00:04| Comment(0) | ★脳裏の表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

2018年04月04日

朴の木

枯れた木
切られた木
焼かれた木
様々な木が
命を失い
今目の前に
生きた朴の木がある

この木は
いつまで生きるだろうか
落ちた大きな葉
それらはもう
命を現さない

この土地に
朴の木が生き残るのか
見届けることはできない
きっと刹那で
人は通り過ぎて
いなくなる
枯れていく

幹から芽が出ている
生きるのだろう
心配することはない

私から
剥がれ落ちていく肌

芽を
出せるだろうか
posted by rakuha at 19:19| Comment(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

2018年03月07日

2018年03月01日