2010年12月01日

★3六歩


傷つけ合うことは基本楽しい
認め合わなければ殺し合いになるから
二人は出会いを歓びに変える
それでも時に
絶望が片側を闇で照らす

盤上で日は暮れる
ぶつかり合う鐙
安心していた心の隙に
見たこともない槍が刺さる
痛みを感じる暇もない
秒は有限を刻々と知らせる
汗も唾も涙も全て
逆流するほどの熱が来た

突き出されたものは
受け止めねば ならない
与えられたものには
答えを返さねば ならない
けれど
時に残酷に痛みは一方的に
覆いかぶさってきて
世界を停止させて
そして
未知の歓びを植え付けていく

二人の逢瀬が過ぎて
戦場は風に飲まれる
3六歩という歴史は
未来の引力を倍増させた
再び傷つけ合う

猫将棋ファンにはわかる、今年の有名な手を題材にした詩です。
posted by rakuha at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171441918

この記事へのトラックバック