2010年12月17日

★コップ


机に乗せた
罪深きコップ
何をこぼしても
消えない中身がある

君が入れ過ぎたせいだよ
何度でも
喉を刺激する
淡くて鋭い味

壊したり
捨てたら
修正が
できないから

その罪は
二人だけのもの
本当はとっくに
どうしようもないもの

猫安いコップほど長持ちするのはなぜでしょう。
posted by rakuha at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック