2015年02月23日

★夏の語順


夏に見た青い海の鮮やかさに取りつかれている
夏に見た青い海の鮮やかさに名前を付けたい
夏に見た青い海の恐ろしさに名前を付けたい
夏に見た青い空の恐ろしさに名前を付けたい
夏に見た黒い空の恐ろしさに名前を付けたい
夏に死んだ黒い空の恐ろしさに名前を付けたい
夢で死んだ黒い空の恐ろしさに名前を付けたい
夢で死んだ黒い空の恐ろしさに取りつかれている

記憶は曖昧で回っている
記録は曖昧で回っている
記録は「会いたい」で回っている
記録は「会いたい」で惑っている
議論は「会いたい」で惑っている
議論は「愛? 恋?」で惑っている
議論は「愛? 恋?」で惑っていた

君に会ったこの町のことを
この町であった君のことを
このことがあった君の町を
このことを待ち合った君が

夏には何があったのだろう
記憶はどうなったのだろう
混濁が混濁を呼ぶ
希望が希望を産む
真実は語順を選ぶ
理想は正解を嫌う
この町はあの町だろうか
空の色を知っていただろうか

夏に見た何かの何かに取りつかれている

猫曖昧なことは記憶力のせいにしよう。
posted by rakuha at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★単行本の3頁目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414514344

この記事へのトラックバック