2007年10月15日

★飛翔

季節感の狂った瞼で
グルーヴのない天使は
眠りを表現している
誘いを実現させるため

無知の仮面の下には
プラトンの意志があること
どうやって見抜くのだろう
刃に自戒を込めた

切り裂かれたのは
ニンフの面影
翼をはためかせ
飛び去ったあとには

振り落とされたの
ストイックな愚かさ
見上げた空には
薄曇の恍惚

にほんブログ村 ポエムブログへ

猫
posted by rakuha at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★poembird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック