2011年12月19日

★地平


見えているものだけを愛していいでしょ
だって心では時折感じられないから
楽しくなくても笑っていいでしょ
不安になるよりも偽っていたい

そしてあなたは翼を広げて
いつもこの部屋から飛び立って
素敵な後ろ姿を見せて
私を鎖につないでいた

見えているものがなくなって
心はいつもあなたを感じている
笑うことは意味を失った
笑顔をいつも褒められてしまう

砂嵐から現れてくる
未来の地平を一歩越えたら
墜落していくあなたを見られるだろう
その時私は偽っていられるのか

見えているものだけを愛していいでしょ
だから愛はいつでも呼び出される
けれども翼のない人ばかり
過去の地平よ早く飲み込まれてしまえ

猫
続きを読む
posted by rakuha at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

★言葉


今日を規定する言葉
それだけを下さい
私はあなたを
縛れるほどではない
あなたは二番目だから
いつでも離れればいい
だけど
言葉
それぐらい
望んでも
いいじゃない
ケチ

猫続きを読む
posted by rakuha at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

★解体

心は二つに
今を一つに
時にさらわれ
悪にさらされ

いまいちわからないんだ
僕らはパーツなの
違うんと思うんだ
試さないとわからないの

心はばらばらに
まだつながってるよ
命は粉々に
それでも潰えず

気がつけば
世界が一つ
ただそれだけなのに
気がつかない
ふりばかりで
全てがばらばら

猫続きを読む
posted by rakuha at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

★ASATU


人って何で
名前知りたがるんだろう
私を覚えてよ
この体の全てを

私を呼ぶ声
振り返ればきっと
幸せを思い出して
今を不幸にしてしまう

誰もが私を
ASATUと呼ぶから
私はいつでも
ASATUを演じる

人って何で
名前忘れるんだろう
私を覚えてよ
記憶の真中で

私の知らない
あなたの姿を
知ってしまってから
全てが変わった

あなたが私を
ASATUと呼ぶから
私はいつしか
ASATUになった

誰もが私を
ASATUと呼ぶのに
私は時折
ASATUを疑う

猫続きを読む
posted by rakuha at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

★海


ほら 小さなことは 忘れられそう
海 それだけで 優しくなれる

ビールを飲んだら
エッチをしよう
波の音が
聞こえるうちに

だって今日で 終わりだから
だって明日は ばら売りだから

まずいな まだ愛してるかも
まずいな あの子に負ける気しない

チケット 鞄の中 待ってる 強い私
リセット 出来ない距離 今も強く滲んで

ほら 孤独な貝が 夕日を見てる
海 さようなら 思い切りバイバイ


猫

posted by rakuha at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★あまやどり


千代紙ばらばら馬の子ほいほい
今日もかかった駱駝はこちら
磨き粉ちょろちょろ氷はどこだ
いかれた太陽私を止めた

変わったあなたの帰りを待った
翳った月日の光を拭いた
砂粒さらさら流れて落ちる
私の涙は五秒で乾く

挨拶そこそこTシャツ代える
色目のあいつは妄想ふける
私の貞操とにかく守る
蠍のはさみが雨水呼んだ

なけなし路銀を天井投げる
削り粉まだらで行き先不明
鼓動も不定の剣客気分
恋の留め金値引きはいつだ
鯉も登れぬ滝壷の中
故意の悪意が作為を超えた

猫
posted by rakuha at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

★丸い朝


疑い深いでしょう是の手は
未だ彼方居る日を仮定して
ゆっくり私に戻って来る
目覚めは何時も影踏み

笑い方変えた月日は
お菓子みたいな I want you

噂は単調でしょう勿論
過ちすら含んだ規則で
真っ直ぐ形を造ってくれる
神楽に宿った堕落

甘え方貫いた月日に
可笑しい限りの I miss you

円を描いて探る果物
朝の音の足りない朝

猫

posted by rakuha at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

★ホテル


化粧液の瓶が落ちた
絨毯を転がる
今日は、もういいや

布団に倒れこむ
今日を思い出す
何があったっけ

小さな幸せのために
努力しろなんて
あなた何様のつもり

消えたい思い
いけない誓い
本当は、残酷な夜

初めての空
黄色い土
白い心

癒えた呪い
見えた名残
本当は、未練がある

化粧液の瓶を拾い上げる
状況は最悪だ
今日は、おしまいにしよう

猫
posted by rakuha at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

★恋に落ちたの


ぺけぺけぺー
ぺけぺけぺー
また駄目出しだ
ぺけぺけぺー

とことことー
とことことー
また逃げ出した
とことことー

まるまるまるまる
下さいな
あらあらあらあら
優しいね

とととととー
とととととー
恋に落ちたの
とてちてとー

猫続きを読む
posted by rakuha at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

★キズ


私は靴下を脱いで
時折鳴く小鳥を眺めて
一人きりの教室後ろの席
絵の具を腕に塗って待っている

ばらばらの心たちに言い訳をしても
善いことと悪いことの区別ぐらいつくから
なぞなぞの答えを先に考えた
あなたが傷つくことを今からします

今日が最後だと決めたから
後悔するぐらいの愛を求めても
きっとそれで良いと思える
夏はもう奇跡をくれない

泣いてもいいけど笑いたい
心はもう諦めている
さよならを言う準備なら
下着のしみも気にならない

明日からは別の人の腕の中
あなたの知らない私になる
だから今の私は
全てあなたにもらって欲しい

足音はいつもより遅い
何を想っているのだろう
鼓動がいつもより速い
何を想っているのだろう

猫
posted by rakuha at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

★パイナップル


この想い届かないままなら
あなたを越えた愛になればいい
だけどそこには
花が咲くばかりで

パイナップルは
甘すぎるから
私のことを
騙そうとしている

あの子の背中に
浮かび上がる笑顔
包み込む愛なんて
私には有り得ない

果実の中で
出番待つ種
花に成りたいとは
願っていないはず

猫続きを読む
posted by rakuha at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

★蝶

食べて食べて寝て
食べて食べて寝て
ねえ 本当は
幼虫が一番楽しい

すねてるのは
蝶でしょう
翔んでいるのは
落ちる時のため

ああ でもね
何も知らない卵たち
あなた達が一番
幸せなんでしょう

猫

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村
posted by rakuha at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

★最高の夏の日


コップの中で溺れていた
君を見た日から
ボクはどんな風にでも
君の浮き輪になりたかった

初めての恋
まだボクはおかっぱで
自分のこともずぼらで
かわいくはなかったけど

カブトムシに襲われている
君のその情けなさに
ボクのつむじから
ハートが出てしまったんだ

君を抱きしめて
ダッシュして
二人だけの島に行きたい
何もかも
分かち合って
宇宙を支配したいんだ

猫
posted by rakuha at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

★蟷螂


意気地なしの蟷螂
誰も傷つけられない
おなかが減っても黙って
誰にも触れられないよに
だけどふざけた偽善者が
それこそ美しいだなんて
彼を褒めだしてから
少しずつ狂っていった

信じたい奴のために
何かを当てはめなくちゃ
やってらんないこんなことじゃ
ただありのままじゃ恐かっただけ

意気地なしの蟷螂
皆が真似ばっかするから
おなかが減ったことも忘れて
自分の形を思い出さなきゃなんない

意気地なしの蟷螂
誰も傷つけられない
おなかが減っても黙って
誰にも触れられないよに
だけどふざけた偽善者が
それこそ美しいだなんて
彼を褒めだしてから
少しずつ狂っていった

信じたい奴のために
何かを当てはめなくちゃ
やってらんないこんなことじゃ
ただありのままじゃ恐かっただけ

意気地なしの蟷螂
皆が真似ばっかするから
おなかが減ったことも忘れて
自分の形を思い出さなきゃなんない

猫
posted by rakuha at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

★MAGIC2500


昨日買ったの
仕事の後で
2500円の香料
マーキングするため

失うのを
わかっていても
失うのは
怖いのだから

どれだけつなげるの
誰から守れるの
いつまで続けるの
全て香りに混ぜて

魔法は効いている
いつか消えるけど
今だけは全て
私のものでいて

猫
posted by rakuha at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

★バトルベイビー


ライブハウスで笑ってた横顔
あんなに優しげだったから
嫌いになりかけてたこと
全部忘れて一緒に揺れてた

印刷して出すまでは
正解なんてわからないと
何種類も色試してた
女の子もそうやって選ぶんでしょ

バトルベイビー しがみつくなんて
かっこ悪すぎて出来なかったけど
一人の今になって思えば
いつでも心は絡み合っていた

バトルベイビー 私は時々
偽りの顔だってこと知ってたのかな
あなたに会う前は気合入れて
いつもより素敵な眉で勝負かけてた

買ったばかりのCD鳴らし
駆け抜けるトンネルの向こう
感動してるの隠すためだけに
大きめの帽子で表情隠したりした

どうしようもないほどの想い
涙で流した夜だけは
本気が全部溢れ出して
初めてあなたを独り占めにした

バトルベイビー 独り善がりでも
最後には幸せ待ってるような
少し意地っ張りのヒロイン
13話の物語に憧れてたのかも

バトルベイビー 今は遠くにいる
恋焦がれた人のこと忘れられない
今になって言えることは
今でもあなたに勝てないってこと

猫
posted by rakuha at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

★happy


通りを一本間違えて
幸せな時を見てしまった

僕らに求められているもの
必要なものじゃなくて

いっぱいの愛を手に入れて
進んでいくには重すぎるんだ
明日になるまで待たなきゃいけない
「誰まで死ねば」happyになれるの?

風を一陣追い越して
未来を感じてしまった

僕らが盗られていくもの
大切なものじゃなくて

ちょっとした失敗抱えるだけで
冷たい視線がうつむかせるよ
明日になるまで待ってはくれない
「誰まで殺せば」happyになれるの?

猫続きを読む
posted by rakuha at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

★シャッターチャンス


買ったばかりのデジカメ
見せびらかしてたからには
さあ、大胆になるから始めてみてよ
私のこと狙ってるんでしょ?

作りたての干渉ゲート
二人にとってのパノラマライト
でも今だけはプロ級の二人
ここから先はプライベートでいい?

思い出にするためなら
もっとよそ行きの笑顔にするよ
全部わかっているくせに
宝物作りたがっている場合?

いつのまにか手ぶらになって
その瞳が連続シャッター
この胸に焼き付けるだなんて
その台詞はアマチュアすぎるよ?

猫
posted by rakuha at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

★時代


影が伸びて
私を運ぶ風
何故世界は生かしてくれるの
我侭に叫んだ

走り去る虫
飛翔する鳥
全ての連鎖を受け入れている
心を包むものは何

あの人は少し冷たくなった
二の腕だけが私を撫でた
この広い世界の中で
たった一人の人だったのに

砂粒が舞いすさぶ
繋がらない電話を持つ
何もかも変わらない
ただ私がここに居る

影が消えて
私が眠るとき
星が流れ落ちた
時代を変えるべく

猫
posted by rakuha at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

★砂漠行進曲

三つ葉 三つ葉 みんな 三つ葉
三つ葉 三つ葉 みだら 三つ葉
あなたにとって 私にとって
分かり合えたら 三つ葉 三つ葉

サラダ サラダ さがす サラダ
サラダ サラダ さかな サラダ
体にとって 心にとって
分かち合えたら サラダ サラダ

考えること 悲しめること
のどかわくこと おなかすくこと
全部 全部 噛んで あえて
曲がりなりにも 全部 全部

くもり くもり くるり くもり
くもり くもり くらり くもり
あの子にとって 誰かにとって
笑い合えたら くもり まもり

アニマ アニマ あらら アニマ
アニマ アニマ あたり アニマ
男にとって 女にとって
わだかまりから アニマ アニマ

影踏めること 殻破ること
街目指すこと まだ目指すこと
ダンス ダンス 耐えて 癒えて
歩み出すこと ダンス ダンス


猫
posted by rakuha at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ASATU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする