2010年08月07日

★成功


知りたいのならば成功した人のところに行ってはいけない
彼らは運の良さはを信じようとせずに
自分だけの特別な理由つけたがっているよ
失敗した人に尋ねに行くんだ
成功した奴らはいつか勘違いで失敗する

君は今笑っているのかい
そう 成功なんてことは あとから確かめればいいんだ
成功した奴らにはもう何も与えるな
さあこのみじめな俺の言葉を聞いて
反面教師にすればいいんじゃないのかい

猫続きを読む
posted by rakuha at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

★孤独の第三定理


君が選んだ道だと言われると
言葉を返せない
こにあるのは望んだとおりの
僕なりのベターライフ

近付き過ぎるものは怖いと
誰にも刺を見せて
内側にあるのは
虚ろな空間だった

見えているものを受け止めて
汚いものにも触れられて
皆が当たり前にしていることを
ただ当たり前にできたら

言えないことと聞かないこと
それに加えて第三番目の
理由がいつも蝕んでいる
ベターライフが怖いんだ

猫

続きを読む
posted by rakuha at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

★救い出す


痛みは流れた
代わりを探して
ここに来たことは
知っている
それでも手を出して
救い出す
笑いながら

傷付く姿は
心の中で
似姿を刺激する
平穏がいいから
何度でも手を出して
救い出す
涙を隠して

猫

続きを読む
posted by rakuha at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

★エラー


贈るよ
繋がる 死へと
メッセージ
消える 琥珀
君は 言った
誰よりも
信じたい
星が
哀れだということ

時は
報いを 求め
永遠を忌避する
さあ回転
壊れたまま
描く
エラー

猫続きを読む
posted by rakuha at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

★無名論


哲学的なことは
だいたい哲学じゃない
世界の深淵を
覗いたことはあるかい

今 知った 言葉を
早速 使うよ
今 失った 言葉を
君が 飲んだ

全てのものから
名前を奪って
全てのものを
純粋にしたい

君を 信じては
駄目だ 君と呼ぶうちは
君は 君でなくなり
その君を 見つける

猫

続きを読む
posted by rakuha at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

★十五の夏



思い出しているって言うけれど
具体的にはどんなことだろう
今暴かれてしまうよ
本当は何もなかった十五の夏

太陽ばかりが元気で
逃げ出すように潜って
君はどこにもいなくて
泡を吐きだしていた

今も同じだと言ってしまったら
未来を語る資格はなく
それだけは覚悟できなくて
今日も過去を捏造する

とても美しく
とても虚ろ
十五の夏は
循環する

猫

続きを読む
posted by rakuha at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

★やんばる


モノレールが
続いていくのは
首里のふもとまで
とおいとおい
やんばるはどこ

やんばるはどこだ

海は広いけど
見渡せるから
わからない道
それが大事
フェンス続くよ
夕日だ

君が逃げた
やんばるへ
野菜を持って
行きたかった
君が去った
やんばるへ
僕は行くよ
僕は行くよ

やんばるはどこだ

猫続きを読む
posted by rakuha at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

★衛星


重力が不真面目になって
僕らを少しだけ
儚い夢の方へと
近づけてくれた夜

星になるつもりなら
僕の衛星になってよ
ささやかな輝きは
誰かに分けてもらおう

吸い込んだ空気が
廻るこの世界で
そっと手重ねて
滅んでいくんだね

雲が流れてきた
星になり損ねた
僕らの夢はもう一度
胸にしまい込めるね

猫

続きを読む
posted by rakuha at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

★プリンセス・ロック☆スター



一年ぶりに扉をこじ開けた
君と腕の青いタトゥー
抱えたギターには翼が付いている
「星まで飛ぼうぜ」手を引いてそして

叩きつけられたメロディー
暴力が空を満たし
星の中で溺れてるけれど
腹がよじれるほど楽しかった

何があったのか聞こうかと
君に顔を向けたけど
こんな素敵なものならば
抱きしめてしまえばいいと思った

流れていく光につかまり
しょうもない過去を放り投げた
星は二人を嘲笑うけど
心の底から幸せだったんだ

ロックスター 君はロックスター
今一番輝いているよ
ロックスター 君はロックスター
僕だけの手の中で歌うのなら

扉をぶち壊したままで
二人で世界を回した
星からこぼれた滴を
翼に染み込ませて飛び立つよ

猫

続きを読む
posted by rakuha at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

★ワールド & エンド


恋のきらめきに気付いたら
愛のまなざしに焼けこがれ
偽りだらけで踊ってる
君は知らないで笑ってた

あは あは あははの先
いひ いひ いひひだけ
うふ うふ うふふの中
えへ えへ えへへのへ

全部瓶に詰めたら
この部屋を爆破しよう
世界の終りに笑った
記憶だけが確かだ

猫続きを読む
posted by rakuha at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

★わかってよ


つらいな
幸せと言葉にしないと
納得してもらえないこと

全部が
一つの感情に収まるほど
まっすぐには生きていない

君が欲しいものは
他の誰かが持っているから
少し旅に出たら
この小さな島じゃなくて
君に与えられるものは
僕が返してほしいもの
わかってよ
少しはわかってよ

猫続きを読む
posted by rakuha at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

★イージー・ポップ・ロック


悲しいとか 笑うべきだとか
祈れだとか 助けなさいとか
ちょっとだけ飲みこんで
今日は歌ってみようよ

イージーさ
頭のねじなんて飛びっぱなし
例のあれでさ
そうしてこうして

愛してとか 抱きしめて欲しいとか
早く来てとか 誓い合おうとか
慌てなくていいじゃない
今日は歌だけでいいよ

イージーさ
頭ん中空っぽを強調で
こんなもんだよ
ポップでロックだ

こだわってんもんは大事だけど
思い込みで損してることだってあるぜ

イージーさ
明日からちょっと大変で
そんなこんなを
ああしてこうして

猫

続きを読む
posted by rakuha at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ★レディ・プロティノス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする